自動車ガラス

飛び石修理

表面がえぐれているような状態のカケであれば、割れが広がっていく心配はありません。
ただし、ガラスの中まで割れているようなキズは、何もしないで放っておくと、割れが広がってガラス交換になってしまう事も…
フロントガラスに出来た割れを光学用樹脂で補修するウィンドリペアなら交換に比べ価格もリーズナブル!!

10円玉くらいの大きさまでなら修復できます。

注意事項

  • ・「元の状態」に戻すことは出来ませんが、通常走行には支障の無い程度にはなります
  • ・直した跡が残ります(飛び石による衝撃点と、修復による作業跡)
  • ・跡を気にされる方は交換をお勧めします

リペア修復はあくまでも応急処置であるため修復箇所から再び割れが広がる場合がございます。

以下の条件の場合はお勧めできません。

  • ・10円玉より大きい破損
  • ・表面がえぐれていたり、欠けている破損
  • ・周囲に細かいヒビがある破損
  • ・破損後に撥水剤を施工した割れ
  • ・フロントガラスの下から30cm以内の破損
  • ・作業時に濡れている割れ(雨天時等)
  • ・フロントガラスの上・横から10cm以内の破損
  • ・ガラス自体に特殊処理(熱反射ガラス等)がしてある場合

フロントガラス交換

残念ながらウインドリペア出来そうでない場合はガラスを交換するしかありません。
フロントガラスの場合には、純正ガラス以外にも国産優良ガラスや更に安い輸入ガラスがあります。
ご予算と車両保険の加入条件などによって、お客様にとって一番メリットのある方法をご提案させていただきます。

フロントガラスは、車両保険を使用しても1年間のみ等級が据え置かれるだけで、等級が下がりません。
契約条件によっては上手に利用することが出来ますので、ぜひ一度ご相談ください。

フロントガラスはっ水加工

雨の日の夜、フロントガラスがギラギラして前が見えにくいということはありませんか?
ボディのワックス分や大気中の物質により、ガラス表面に汚れや油膜が固着します。雨の日の夜には、そこに対向車のライトが乱反射して非常に視界が悪くなるのです。
ガラスはっ水加工をすることで、油分を寄せ付けずギラツキを防止!!これで雨の日でも快適にドライブを楽しめます。
また、新車時はキレイだったガラスも年数と共に表面にウロコ状のシミが出来ることがあります。これは、洗車の際などに水を拭き取らずに乾燥させてしまったり、洗車に地下水などを使用されていると、水の中に含まれているミネラル分が徐々にガラス表面に固着していき、シミを形成してしまいます。
これも、ガラスはっ水コーティングをしておく事で予防することが出来ます。

ボディーコーティングはこちら

トップページ板金・塗装自動車ガラスコーティングタイヤ保管Q&A会社案内お問い合わせプライバシーポリシー